ビタミンEとは|酸化を防ぐスペシャリスト|よねきち健康学

ビタミンEとは 栄養成分教室
美意識女子
美意識女子

この前買った美容液にビタミンEが入ってる…どういう意図で入れられたのかしら?

こんな疑問にお答えします!

記事の信頼性
記事の作者である私はサプリメントの製造者です。
レシピの設計から販売まで全てやっています。
他の業界から来たので、この業界の闇を感じる
部分があり正しい情報の発信者になる事を
決めました。サプリメント製造の為に得た
専門知識を元に正直ベースで解説します。

ビタミン各種はそれぞれ解説しているのでよろしければそちらもどうぞ!

動画でも分かりやすく解説!栄養成分教室

【解説動画】中性脂肪が気になる方だけ見て下さい。DHA EPA とオメガ3 コレステロールと心筋梗塞 脳梗塞
よねきち部長
よねきち部長

それでは始めていきましょう!

ビタミンEとは

ビタミンEとは、脂に溶けやすい脂溶性ビタミンの一種で、酸化を抑えるスペシャリストとして様々な商品に活用されています。

「酸化」という減少は私達の生活には避けては通れない現象です。

食べ物が傷むのも酸化、お肌が歳をとるのも酸化、体の疲れが取れにくいのも体内の酸化、買ったばかりの油や醤油の方が、時間がたったものよりも美味しいのも酸化の影響です。

また、体内の脂質が酸化してできる「過酸化脂質」は老化やガンにも関係があると言われています。

幅広く使われるビタミンE

ビタミンEの活躍の幅はとても多いです。

サプリメントとしてはもちろん、医薬品にも使われますし、ローションやハンドクリームなどの化粧品、食品添加物、動物用のご飯など、酸化を防止したい商品にはかなりの頻度で採用されます。

お肌にも良くてホルモン分泌の調整に役立つビタミンEが「酸化防止剤」としても使えるんだからスゴく使い勝手が良いですよね!

よねきち部長
よねきち部長

「酸化防止剤配合」って書くよりも「ビタミンE配合」って書いたほうが明らかにイメージが良いですよね

ビタミンと酸化防止剤

様々な食品の酸化防止剤としても使用されるビタミンEですが、脂に溶けやすい脂溶性のビタミンでもあるので、バターなどの油脂類に添加されることが多いです。

ビタミンEと同様に抗酸化力が高く、水に溶けやすい水溶性ビタミンであるビタミンCも酸化防止剤として使われています。
液体のドレッシングやお漬物の液体部分に使われていたりもしますね!

「ビタミンV・C」と書かれているものは正にそうです。

若返りのビタミン

ビタミンEは「若返りのビタミン」とも呼ばれています。
先程も少し話しましたが、過酸化脂質の存在は老化に直結すると言っても過言ではありません。

体内の脂質が活性酸素によって酸化したものが過酸化脂質ですが、これが様々な劣化や障害を引き起こすわけです。

この活性酸素、過酸化脂質を抑えることができれば老化はゆっくりになるという理屈なんですね〜。

酸素って良いものじゃないの?

酸素って基本良いイメージですよね?
酸素無いと人は生きられませんし、疲れたときに酸素吸入すると疲労も取れやすいですよね。

よねきち部長
よねきち部長

酸素最高!

そう思ってもおかしくないところなんですが、長生きと酸素は深い関係があると言われています。

皆さんは
・毎日ハードな運動をこなすアスリート
・運動不足ゲーム野郎
どちらが長生きすると思いますか?寿命は様々な要素が絡み合うので単純には比較できませんが
老衰で無くなるのはアスリートが先でしょう。

ハードな運動はそれだけ多くの酸素を取り込む機会が多いということなのですが
酸素は身体を老化させるものでもあります。
30代、40代前半くらいはスポーツをしている方が若々しい人が多いのですが
人の体は40代を過ぎた頃から急激に酸化に抗えなくなってきます。

38歳の有名人が若々しくて「いつまでもキレイねぇ〜」なんて言われるのはよく見ます。
本当に一生このままなんじゃないか。と思わせる人っていますよね。

でも40中盤くらいで「あれ?ここ1年位で一気に老けたわね?」なんて思ったことがありませんか?
それは体内の酸化を抑える酵素が少なくなってしまうからです。40歳を超えたあたりで急激に。

すると今までは生産を抑えられていた過酸化脂質がどんどん出てきます。
どんどん老化します。残念ですが生き物の宿命です。

酸素摂取量と老化の関係

アスリートは現役時代に普通の人よりも多くの酸素を取り入れます。
身体が若いうちは体内での活性酸素を抑え込めますが、40歳を超えてくると物理的に酸化の方が早くなってしまいます。

一方、ゲームが趣味のインドア派の人は心拍数が上がることがほぼなく、酸素の摂取量も少ないです。
自然と酸化が遅くなり、意外な事に40を超えても若々しい肌を保っていたりします。

酸素が薄い標高の高い山岳地に住んでいる人は長寿の傾向があるという驚きの調査もあります。

酸素による酸化が、いかに老化と関係があるかは何となく分かっていただけたかと思います。
この酸化を抑えてくれるのは体内の酵素(SOD)ですが加齢と共に衰えます。



そこで食事から摂取できるビタミンEが「若返りのビタミン」と言われ重宝されています。
当然、若返る事などありませんが、酸化を抑えることで老化のスピードをゆっくりにする効果が期待できます。

よねきちでは残念ながらビタミンEをピンポイントで摂れるサプリは今の所ありません。
よろしければこちらをどうぞ。
1粒あたりの半分は油ですが、ソフトカプセルは前提として半分くらい油にしなければいけません。
設計上の問題です。

このサプリは残りの半分はしっかりビタミンEが入っているようなので良いと思います。
サプリ製造者の私でもコレなら普通に買うわ。という設計ですね。

という事で今回はビタミンEについて解説しました。

よねきち健康学では日々の生活では中々学ぶ機会の少ない栄養素を分かりやすく
解説しています。

youtubeでは動画で解説しているので、もっと楽に健康成分について
知っておきたい人はこちらもご覧くださいね!

最後まで読んでいただいた方は縁があったという事でtwitterフォローとyoutubeチャンネル登録お願いします!
とても励みになるので是非お願いします!

コメント