除菌スプレーが出来るまでその②|サイズと容器も超重要|商品開発の裏側

除菌スプレー 製造の裏側

除菌スプレーに大切な事


除菌スプレーの商品開発について前回から解説しています。
今回はその2回目で、「利便性」についてです。
しっかり除菌できて子供にも安心ということは前回説明しました。

記事の信頼性
記事の作者である私はサプリメントの製造者です。
レシピの設計から販売まで全てやっています。
他の業界から来たので、この業界の闇を感じる
部分があり正しい情報の発信者になる事を
決めました。サプリメント製造の為に得た
専門知識を元に正直ベースで解説します。
よねきち部長
よねきち部長

それでは始めていきましょう

除菌スプレーの利便性

除菌スプレーを商品開発しようと決めた際に、重視したのが「利便性」です。
安心のアルコールを使用している除菌スプレーは既にあるので、今回の商品開発では「利便性」をプラスしようと考えました。

今、除菌スプレーに必要とされるのはなんと言っても「持ち運びやすさ」です。

玄関に一つ大きな置型を置いてOK!

ということはなく、

キッチンでも

トイレでも

子供のおもちゃにも

テレビリモコンにも

食卓でも

あらゆる所で活躍します。
大きなポンプタイプだけだとそれぞれの場所にわざわざ運ぶのは難しく、利便性は十分とは言えません。

そこで!

携帯用の除菌スプレーが重宝されるわけですが、
これも既に多くの携帯用除菌スプレーが発売されています。

個人的にも使っていますし、実際とても便利です。しかし強いて気になる点を上げるとすれば、携帯用除菌スプレーのほとんどは「円柱タイプ」という事です。

普段からカバンやリュック、手さげなどで持ち運び人にとっては問題ありませんが、ポケットに入れることの多い男性や、極力荷物を減らしたい人にとっては、意外と円柱形はかさばってしまいます

ポケットに入れれば明らかに形が見えてしまうので、スーツでお仕事をされる人も必ずカバンを持ち運んだりする必要があります。

そもそも入らなかったり

軽くお昼ごはん食べに行く時はカバンを持って行かない事もありますよね。

そこで携帯用のパッケージとして選んだのが「スマホサイズ」の薄型容器です。

これならポケットにも入れられて(スマホを入れているようなイメージ)、もちろんカバンの中でもかさばりません。

実際にスマホと比べてみてもこの通り!

よねきち部長
よねきち部長

これならポケットにも入りますね!

めっちゃ可愛い…

何よりも見た目が可愛いです
ここ意外と大事ですよね。もはや生活必需品となったアルコール除菌スプレーですが、必ず使わなければいけないなら、せめて見た目が可愛くてテンション上がるものが良いですよね。

パット見はアルコール除菌スプレーというよりは香水の容器のような印象を受けました。香水の容器は見た目だけでテンションが上がるほど可愛いものが多いのでこれは是非採用したいと考えました。

前回の記事で解説した安全性、つまり

アルコール度数77%を確保していること

経済産業省許可の「食品添加物」扱いということ

経済産業省、食品添加物に関して

これらに加えて

持ち運びがしやすいこと

テンションが上がる見た目ということ

ここにもこだわりました。

全国を探しても珍しい容器

この香水のような薄型容器は珍しく、確保するのは大変でした。更に問題は「アルコール」を入れるということ。一般の白っぽいPETタイプのものは、アルコールを長時間入れておくと白化現象が起きてしまう事があります。

アルコールを入れるには適した材質というものがあるのですが、このタイプの容器は他の用途(香水や化粧水)で使用されることが多く、「形はイメージ通りだけど材質が合わない!」という事が続きました。

そうして調査を続けてようやく見つけたのがこの容器でした。

あえて透明にしたのは、ヨネキチのTwitterでアンケートを取った結果、「中身が見られると残量が分かるので便利」との声が多数だったからです。

ちなみに
Q:アルコール除菌スプレーに何を求めるか
のアンケートは以下のようになりました。

こうして、中身を確定させた後、容器も決定しました。

今回はここまでにしておきましょう。

次回は「デザインとラインナップ」を決める工程を解説していきます。

最後までご覧いただきありがとうございます。
この、よねきち健康学ブログでは、製造者としてのノウハウを活かし
栄養成分の解説や、健康の豆知識、製造の裏側などを正直ベースで解説しています。

YouTubeでも分かりやすく栄養成分を解説しています!

【製造者が解説】 サプリメント は効果がありません

健康に関する興味がある方は是非見ていってくださいね!

コメント