NMNとは|サプリの問い合わせ激増中|その効果は

NMNとは サプリの裏話
ゴメス
ゴメス

NMNは若返りの成分とか聞くけど実際のところどうなの??

そんな疑問にお答えします!

この記事のテーマ

【NMNの学び方】NMNがどういう成分なのか自然に理解できます。

記事の信頼性
記事の作者である私はサプリメントの製造者です。
レシピの設計から販売まで全てやっています。
他の業界から来たので、この業界の闇を感じる
部分があり正しい情報の発信者になる事を
決めました。サプリメント製造の為に得た
専門知識を元に正直ベースで解説します。
よねきち部長
よねきち部長

それでは始めていきましょう!

NMNとは

NMNとは、ニコチンアミド・モノ・ヌクレオチドの事を指し、補酵素の一種であるNADの前駆体です。

よねきち部長
よねきち部長

はい、意味分かんな~い!分からせる気もな~い!

もう最悪レベルの分かりにくさですよね。
ざっくり解説していきましょう。いや、それ全然違うよ!と思う詳しい方がいらっしゃったら是非コメントくださいね。

補酵素NADとは

色々と調べていると、NMNは何が良いかと言うとNADに変わるのが良いんだ!という考えが多いです。NADとはニコチンアミド・アデニンジ・ヌクレオチドという補酵素です。

よねきち部長
よねきち部長

はい、では補酵素とは??

補酵素とは読んで字のごとく、酵素の働きを補助するものです。
人間の体は酵素に生かされているようなものです。日々食事をして、栄養素を分解し、また、作り出し、適材適所で別の細胞となり循環してしていきます。
これが代謝です。人間は代謝を止めた時、死にます
その代謝をしてくれるのが酵素です。いやー、複雑ですね。

ちなみに補酵素NADについてはこちらの「ナイアシン」の記事でも解説していますので、是非ご覧下さいね!
別ページで開くので、ここにも直ぐ帰ってこられますよ。

つまり本当にざっくり言ってしまえば
代謝に必要な成分だから、たくさん摂れば若返る!
という意味で注目されているようですね。このNMNは加齢とともに体内でその数を減らしていきます。だから代謝がにぶくなり老化する。だから足りない部分を補ってあげれば老化しない。
こういう事なんですね。

NMNの効果

NMNはこんな効果が期待されると言われています。↓↓

  • 肌が若返る
  • ぐっすり眠れる
  • 集中力がでる
  • 体力向上
  • 免疫力向上
  • 神経回路の強化によるうつ症状改善

こんな感じで様々な説がネット上で飛び交っています。
代謝を活性化させる成分を狙って摂取出来れば理論上あり得るのかとは思いますが
本当に正直ベースで私の個人的な考えを言います。
「本当かよ?笑」


いや、まだまだ研究中の、未来を変えるかもしれない素晴らしい原料に向かって大変無礼なんですが、サプリ製造者としては、はい。そうですか。と納得できない部分もあります。

NADとビタミンB3

NMNを調べた際に、「NADに変わるからスゴイ!」といった意見を聞いた際の最初の感想はこうです。

ナイアシン(ビタミンB3)でよくない?

NADが補酵素であり、体内の400種類以上の酵素を助ける、超重要物質という事は知っていましたので
それの前駆体も、もちろん必要なのですが、既に身体に備わった成分をプラスでガバガバ摂れば若返るのか?本当ですか?そう思ってしまいました。

変換率が違う

恐らくここは話題になると思います。
単純にビタミンB3を摂取してもNADに変換されるのはほんのわずか
殆どが他の成分に変換されたり体外に排出されたりで、NADにはなれません。
その点、NMNを摂ると、その変換率は優秀なのでNADが多く確保出来ます!というものなのでしょうが、人体が1日当たりに必要なNADってどのくらいが理想かは聞いた事が無いし研究もそこまで進んでいないんですよね。(私が知らないだけで実際はしっかりした研究データがあったら申し訳ございません。お詫びしますので是非ご教示ください。)

身体のシステム

生き物の身体は凄いです。
嘘みたいに複雑な動きを、意識しなくても勝手にやってくれて、我々は見事に今日こうして生きています。その生体システムはNADの生成にも言えます。
ビタミンB3から作られるNADですが、ビタミンB3が欠乏したら大変ですよね。様々な代謝機能が損なわれます。しかし人体が凄いのが、他のタンパク質からビタミンB3を生成出来るんです。
腸内細菌が働いてビタミンB3を作ってくれます。凄いですよね。
そうやって成り立っている生体システムに、本来ではありえない程のNADが発生したら本当に身体に影響はないのでしょうか?

NMNと副作用

慶応義塾大学でこんな研究結果が出ました。


40-60歳の健康な男性10⼈が、平均2か⽉の間隔で1回あたりNMN100-500mgを、計3回服⽤。⾎圧や脈に変化がなく、肝臓や腎臓などの働きを調べる検査でも異常が⾒られなかった。
https://www.keio.ac.jp/ja/press-releases/files/2020/1/21/200121-1.pdf

これで安全性が認められた!!

よねきち部長
よねきち部長

いやいやちょっと待ってください。

上の調査結果だと
2ケ月に1回だけ??
180日で3回だけ??
NMNをたっぷり飲んでも血圧や脈に変化もなく検査は異常なし!
いや、これ感覚空きすぎではないですかね。
というか2カ月に1回摂取したこの方たちは若返りや代謝の活発化などの兆候は見られたのでしょうか。ただ、検査で異常が出なかったと言いたかっただけの期間設定に思えてしまいます。
2カ月に一回だけだったら結構毒性強いものでも結構セーフになると思います。
この研究結果を見て、逆にこう思いました。

やっぱりまだ慎重に見ていた方がいいのかなぁ。

この記事にたどり着いた人の多くは「サプリメント」としてのNMNを調べようと思われた方ではないでしょうか。サプリメントは基本的に毎日飲んで足りない部分を補うものです。
毎日摂取しても問題が無いと確証が持てるまで取り扱いは控えようかなと言うのが正直な所です。

トレンドは待ってくれない

しかしながら2021年のサプリメント注目素材※健康産業新聞調べ2020年12月16日発行分
では、1位の乳酸菌(これはダントツ)に次いでNMNが2位に入っています。
やはり注目の素材ですが、そのほとんどは中国で製造され、1ヶ月分のサプリメントは安くなってきても数万円はします。弊社への問い合わせも増えてきていますが、どのタイミングで製造に踏み切るかはまだ未定とさせていただきます。

という事で今回はここまで!

よねきち健康学では日々の生活では中々学ぶ機会の少ない栄養素を分かりやすく
解説しています。youtubeでは動画で解説しているので、もっと楽に健康成分について
知っておきたい人はこちらもご覧くださいね!

最後まで読んでいただいた方は縁があったという事でtwitterフォローとyoutubeチャンネル登録お願いします!
とても励みになるので是非お願いします!

コメント