マグネシウムとは

マグネシウムとは 栄養成分教室

マグネシウムとは

マグネシウムとはミネラルの一種です。
ミネラルと言えばカルシウム、鉄などが有名で、マグネシウムはなかなか目立たないポジションだったりしますが、量・質ともに非常に重要なミネラルです。

そんなマグネシウムを一言で表現するのであれば…

心優しきサポート役

こんな感じです。

マグネシウムは5〜6割は骨に含まれていて、残りの多くは各細胞内に含まれています。
他にも筋肉や、脳、神経、血液といった重要な場所にも含まれていて様々な場所で代謝を助けて私達の健康を支えてくれています。

カルシウムとの絶妙なコンビネーション

マグネシウムとカルシウムは絶妙にお互いを補い合っています。

マグネシウムと血圧

カルシウムは動脈を収縮させて血圧を上げる作用がありますが、マグネシウムは動脈を弛緩させて血圧を下げる作用があります。お互いにバランスを取ることで血圧のバランスを保っています。

マグネシウムと筋肉

マグネシウムとカルシウムによる「収縮と弛緩のコンビネーション」は筋肉の中でも行われています。私達が普段意識して動かしている手足はもちろんですが、心臓の鼓動は筋肉の収縮と弛緩の繰り返しです。カルシウムとマグネシウムは私達が意識しない所で大きな仕事をしてくれているんですね。

このことから多くの研究や動物事件でこのように言われています。
慢性的なマグネシウム不足は狭心症や心筋梗塞などの心臓疾患の原因になる。

健康以外も支えてくれるマグネシウム

マグネシウムは栄養素として欠かすことの出来ないものですが、口に入れる以外にも大活躍しています。そもそもミネラルというのはmine=鉱物、金属を指しますからね。マグネシウムもノートパソコンや車のパーツ、スマホなどの材料に使われています。マグネシウム合金といって、軽くて強いんですよね。

しかしマグネシウムは燃えやすいので注意が必要です。車のパーツもアルミの方が人気なのは価格もありますが安全性も関係しているかもしれませんね。キャンプをやる方には身近なアイテムかもしれませんが、マグネシウムファイヤスターターなるものがあります。これはマグネシウムを含んだ棒状のものですが、空気中で熱を加えると閃光を放ち燃えるという性質を活かし、キャンプの火起こしに使われます。※キャンプと健康に関する記事はこちら

健康面でも実用面でも私達を支えてくれる大切な存在なのにどこか目立たないサポート役のマグネシウム。もしも人だったらスゴく優しい人だと思います。恋愛でいつも傷ついてしまう人は、次はマグネシウムみたいな人に出会えるといいですね。

今回はここまでにしておきましょう!

よねきち健康学では普段、栄養成分や、製造の裏側を発信しています。

動画やTwitterでも分かりやすく解説しているので
是非チャンネル登録とフォローして下さいね!

【製造者が解説】DHA EPA オメガ3 オメガ6 オメガ9の違いと身体への影響

コメント