\ 知りたい栄養成分がある方はコチラ /

栄養成分名でブログ記事を探す

NMNの信頼性

NMNの信頼性 サプリの裏話

2020年、ホリエモンこと堀江貴文さんやオリラジの中田敦彦さん、実業家のイケハヤさんらが相次いで注目素材として取り上げたことでNMNバブルが到来しました。

よねきち部長
よねきち部長

こんにちはヨネキチ部長です

記事の信頼性
作者である私はサプリメントの製造者です。
レシピの設計から販売まで全て行います。 
他業界から来た分、この業界の闇を感じる
部分があり正しい情報の発信者になる事を
決めました。サプリメント製造の為に得た
専門知識を元に正直ベースで解説します。

NMNに対する考え

NMNは以前から注目素材ではあり、中国の富裕層では高値のサプリが人気ではありましたが、ここまで一般に出回ってきたのは明らかに2020年からです。このよねきち健康学ブログでもNMNについて解説した事があります。

その際の私の個人的立ち位置はというと

よねきち部長
よねきち部長

まだまだ怪しいから飛びつけない!

というものでした。

そして現在、少しずつ自分の中で考え方が変わってきたので今回はありのまま、思うがままを解説していきます。

結論から申しますと、わたくしよねきち部長はNMNの事を信頼し始めています。
「始めている」だけで完全に信頼しているわけではありません。まだその効果効能に関しては懐疑的です。※食品に対して効果効能は薬機法上謳えませんが、ここでは分かりやすく表現するために効果効能という言葉を使います。

前回のNMNに関する記事で、私が懐疑的だった理由はこんな感じでした。

・高すぎる

・研究結果がひどい

ここが主な理由だったのですが

これがそれぞれ新しい情報にアップデートされてきたので、NMN自体への評価も変わってきています。1つずつ解説していきましょう。

NMNは高すぎる

まずNMNは値段が高すぎます。実際にNMNの原料メーカーさんに聞いてみても1kgあたり40万円もするようなものが基本でした。しかもそれは国産原料というわけではありません。

高くて価値があるものを適正価格で販売していればなんの問題もないのですが、私が疑問に思ったのは、「NMNは高い」という概念に甘えてぼったくっている商品が多いのではないか?という事でした。

1日300mgを1ヶ月30日分の設計にしたら9000mgです。
一見すると多く見えますがこれは9gです。

1kgは1000gなので9÷1000=0.009kg

つまり1kgの約111分の1のNMNが1つの商品に入っているということになります。
(かなり量が多く入っているものでこれくらい)

NMNの原料単価が40万円と仮定した時、これを111で割ると…

約3600円となります。

これは原料費だけでこの価格なので、ここに工場での加工費アルミ袋やビンなどの包装費詰め工賃、成分分析費用、その他諸々の経費を加えるとこの倍くらいにはなるかもしれませんね。これを考えると高くて原価が7200円ほどでしょうか。いや、サプリの原価としてはクソみたいに高いですね。笑

これは2万円や3万円のサプリになるのはよ〜く分かります。ここに広告費や配送料が入るとこれでもむしろ赤字かもしれないですね。

ただし、このくらいの原価で、売値15万円とかで販売している商品なんていうものがザラにありました。このくらいの費用で作れるなぁというのは知っていたので、こういった高額商品には少し懐疑的な目で見てしまっていたのが正直なところです。

そもそもこのNMNという素材自体がまだまだ解明されていない未知の原料であるにも関わらず、1万円以下で作れるものを15万円以上の価格で売るのはマズイんじゃないだろうか…という個人的な思いがありました。

企業の売り方はそれぞれなので何も文句はありませんが、私は「サプリ=胡散臭い」みたいなイメージを少しでも変えたいと思っているので、どうしても「適正価格」というものを意識してしまうんですよね。

しかしここにきてNMNのマイナスポイントの一つ「高すぎる」という部分が変わってきました。
以前はkg当たり40万円していたものが、なんと20万円ほどに下がってきています。


原料メーカーさんによりますが、周りの相場を見ながら原料価格が下落しているように思います。
下落というよりは「適正価格」に近づいてきている。
というのが私の感覚です。

しかも嬉しいことに、「質は上げながら」「価格が下がっている」という状態です。

以前はNMNの原料を中国から持ってきて日本で加工しようにも、売れなければ仕方ないので、少量の製造に留める必要がありました。

原料メーカーさんの製造技術も上がっており、「質を高めつつ価格を下げられる」状態になってきています。

これまでは「NMNに効果があるかどうか」はさておき、仮に期待できる効果があったとしても流石に高価すぎる!という理由で敬遠していましたが、段々と市場価格が現実的なものになってきているので、私個人的な考え方も変わりつつあります。本当に身体に良い変化をもたらすものであれば、購入して見る価値はあるかもしれませんね。

研究結果がひどい

続いてこちらの要素ですが、以前NMNを解説した動画ではこんな研究結果を例に出しました。

40-60歳の健康な男性10⼈が、平均2か⽉の間隔で1回あたりNMN100-500mgを、計3回服⽤。⾎圧や脈に変化がなく、肝臓や腎臓などの働きを調べる検査でも異常が⾒られなかった。

https://www.keio.ac.jp/ja/press-releases/files/2020/1/21/200121-1.pdf

これはNMNを単体で摂取することで健康被害は起こらないかどうかの研究ですが、結果としては「異常が見られないからセーフ」というものです。しかしその内容を見てみると、2ヶ月に一回少量摂取しただけのものなので、毎日摂取するのを前提に作られるサプリメントに対してははっきり言って意味がありません。

このように研究が進んでいない原料に対して今の段階から摂取していたら、もし問題が発覚した際に怖いので今は様子を見たいと紹介したのですが、最近では信憑性がある研究が各地で進んできています。

米ワシントン大学医学部の研究グループの臨床実験結果

対象:肥満体型
年齢:55~75歳
人数:25人
期間:10週間

摂取量:250mg/日

この条件での臨床試験は、ある程度の期間、毎日行うものなので
上記に挙げたものより信憑性が高いです。
気になる結果は…

結果

■インスリンの働き25%上昇
■血糖値、体重に変化はなく
身体への有害事象なし

これはサラッと言ってますが凄い結果です。
インスリンの働きを25%上昇させるのは

2型糖尿病予備軍で体重70kgの人が努力して
約7kg減量した時とほぼ同等の改善です。

※この研究結果は4月23日、米国科学振興協会の発行する科学誌「Science」に論文掲載されました。

このような理由から私のNMNに対する個人的な見解は変わってきております。
理由は、今まで否定的に見ざるを得なかった要素が改善してきたからです。


もともと身体への体感はあると期待されている注目原料なので、不安要素がなくなってくればそれは評価しなければいけませんよね。

という事で今回はNMNについて解説させていただきました。

よねきち健康学では普段なかなか学ぶ機会の少ない「栄養成分」について、専門用語なんかはなるべく使わず、分かりやすく解説しておりますので
楽な気持ちで健康について学びたい方はぜひ次回以降も御覧ください。

このNMNに関しては、まだまだ研究中の未知の成分でもあるので、新しい情報が出次第、どんどん紹介していこうと思いますので、NMNに注目されている方は是非御覧ください。

NMN サプリ は結局信頼できるのか?製造者目線で解説

コメント